ブロック注射とは・痛み・効果期間・副作用・費用

更新日:





ブロック注射とは

ブロック注射とは、麻酔薬や抗炎症薬を神経やその付近に注射をして痛みを遮断(ブロック)する治療法です。

強い痛みに対して有効ですが、痛みそのものの原因(疾患)を治すことはできません。

しかしブロック注射は、強い痛みを一時的に遮断するだけでなく、炎症や血行を良くしたり筋肉の緊張をほぐして症状の改善の手助けをします。

何回か行うことで、痛みが軽くなる人もいます。

星状神経節ブロック注射、硬膜外ブロック注射、神経根ブロック注射、トリガーポイント注射などがあります。

ブロック注射は痛い?

ブロック注射は、注射の針を皮膚に刺すのでチクッとした痛みはあります。

採血や点滴をするときの痛みを思い出してください。

ブロック注射の種類によっては、電気が走ったようなビリっとした痛みを感じる人もいます。

しかし施設によって工夫がされており、痛みを少なくするように細い注射針を使用したり、刺す皮膚の部分に軽い麻酔をしてから行う場合もあります。

痛みに強いか弱いかは個人差もあるので、不安であればブロック注射を行う際に、医師に相談してみると良いでしょう。

ブロック注射の効果期間

ブロック注射の効果期間は個人差があります。

一回のブロック注射で、長期間痛みが軽減してその後ブロック注射をしない人もいます。

だいたいの方であれば数日から数週間効果が持続します。

しかし中には、効果がみられずすぐに痛みが出現して、効き目が全くない人もいます。

その場合は、治療方法の選択肢がかわってきます。



ブロック注射の副作用

ブロック注射の副作用としては、まれではありますが以下のものがあります。

<麻酔薬による中毒症状>
・頭痛
・嘔気嘔吐
・めまい、立ちくらみ、目の前が霞む
・身体のしびれ
・失神する
・脱力感

腰周辺にブロック注射をした場合、足腰に力が入らなくて歩きにくくなる場合があります。

その場合には少し休むと自然と良くなります。

他には、針を刺すのでそこからの感染や出血、神経障害があります。

治療後に発熱や炎症などなにか副作用の症状が見られるときには、速やかに医師に相談するようにして下さい。

ブロック注射の種類によりますが、注射した後は入浴やアルコールは控えるようにして下さい。

激しい運動も控えるようにしましょう。

<ブロック療法ができない人って?>
・局所麻酔薬や抗炎症薬(ステロイド)にアレルギーの既往がある人
・疾患により免疫機能が低下していて、細菌感染の可能性がある人
・針を刺す場所に、皮膚疾患などがある人
・疾患の治療で、抗血液凝固薬を服用している人
・排尿障害がある人

ブロック注射の費用

ほとんどのブロック注射は保険適用されています。

初診料や再診料、治療内容にも違いはありますが、およそ2000円から4000円程です。

施設によって料金に違いがあるので、不安な人は事前に確認をするようにして下さい。

また、ブロック注射は整形外科やペインクリニックで受けることができます。

ブロック注射の種類によっては、事前に検査や予約が必要な場合もあり当日注射ができない場合もあります。



 



-整形

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.