唇乾燥の原因・対策と治し方・何科で診察?・何かの病気?

更新日:





唇乾燥の原因

・空気の乾燥
冬場など空気が乾燥すると、唇も乾燥してきます。

・口呼吸や唇をなめる癖
鼻炎などで口呼吸をする方、唇をなめるクセも、唇が乾燥します。
これは、唾液が蒸発するときに唇の水分までもうばうからです。

・体内の水分不足
唇の乾燥は体内の水分不足とも関連しています。
脱水気味であることも考えられます。

・摩擦による負担
タオルなどでよく唇をこすると、保湿ができず乾燥してきます。
また、クレンジングのしすぎも負担をかけます。

・体調、食生活の乱れ
体調の悪化、バランスの悪い食事で乾燥する方もいます。
ビタミンBやCが不足すると、皮膚や唇の粘膜を健康に保つことができなくなります。

・メイクが残っている
口紅がきちんと洗い落せていないと乾燥することがあります。

・日焼け
日焼けは大敵です。
夏はUV効果のあるリップクリームを塗る、日傘を使うなど紫外線を予防しましょう。



唇乾燥の対策・治し方

基本はリップクリームです。

はちみつ、ワセリン、オリーブオイルも効果的です。

シワに沿って塗る、ただし過度にならないように広く浅くがポイントです。

また、乾燥が強い場合は蒸しタオルを当てて水分を補給しリップクリームを塗り、その上から唇を覆うようにラップでパックをするのがお勧めです。

部屋の湿度は40~60%に保つようにしてください。

マスクも保湿効果が期待できます。

ただし唇と擦れないようにしましょう。

唇乾燥はなにかの病気なのですか?

2週間以上ケアしているのに乾燥や荒れが治まらないという場合は、病気の可能性があります。

唇がヒリヒリする、かゆみがある、痛みがある、唇が赤く腫れている、唇の端や口角が切れる、口内炎ができる、唇に帯状に水疱ができる、などの症状は注意が必要です。

口唇ヘルペス・口唇炎・アレルギー・口内炎・口唇がんなどあるかもしれません。

唇乾燥は何科に行けばいいですか?

唇の乾燥は、口腔外科か皮膚科で相談しましょう。

保湿を中心にケアを尋ねてください。



 



-口・歯・舌・顎

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.