二日酔いに良い食べ物・飲み物・頭痛の治し方や薬について

更新日:





二日酔いに良い食べ物

二日酔いによる主要な症状は嘔気、胃部違和感、むかつきなど消化器症状が主体です。

したがって、二日酔いの日に消化に悪い食品を口にすることは、症状の一層の増悪につながるので、まずはそういった食品を避けるようにするべきです。

その上で、味噌汁など温かい汁物は胃への負担が少なく適切な水分の補給もあわせて行うことができます。

しじみには肝臓のアルコール分解作用を助ける成分が含まれていると言われており、しじみ入り味噌汁などは二日酔いの朝に良いかもしれません。

一方で、ウコンやしじみエキス類の過量摂取は逆に肝臓機能低下を促すという報告もありますので必要以上の摂取は避けることが好ましいです。

二日酔いに良い飲み物

まずは何よりも水分の補給が欠かせません。

アルコールは強力な利尿作用があり、アルコール摂取後の体は脱水に偏ってしまいます。

多めの水分補給を、アルコール摂取時から並行して行っておくことで血中アルコール濃度の急激な上昇を妨げられ、肝臓機能を助けることになり結果として二日酔いの程度も深刻なものにならないようにすることができます。

水分の補給自体は真水で問題ありませんが、過度に冷却してあるものは胃への負担が強いですので、注意が必要です。



二日酔いからくる頭痛の治し方を知りたい

二日酔いによる頭痛の直接原因はアセトアルデヒドという物質ですが、この体内濃度を薄め早期の洗い流し(ウォッシュアウト)を図るためには、やはり十分な水分の補給がもっとも有効です。

経口補水液やスポーツドリンクも効果的ですので、試してみてください。

水分であっても消化限度はありますので、必要以上の過量摂取を行うと胃部からの逆流につながってしまいます。

十分に注意して下さい。

二日酔いで吐き気の治し方を知りたい

吐き気の症状は、主として胃から食道への逆流が原因となっていることが多いと考えられます。

したがって、消化に悪い食べ物の摂取を避けることがまず大切です。

さらに気持ち悪いからといって横になったままでは、逆流を助長しますので座位などで様子をみることも効果的です。

根本的には逆流症に対する内服薬を用いることでも早期の症状改善を図ることができますので、重い症状を自覚している際は内科クリニックを受診してみて下さい。



二日酔いの時はどんな薬がいいの?

アルコール類などの刺激物は胃粘膜を荒らし、強い不快感を惹起します。

こういった症状には胃粘膜を修復し、消化を助けるタイプの消化促進剤が有効です。

また吐き気や胸焼けが強い場合には胃食道逆流症に準じた胃薬の内服が効果的で、一部は市販薬でも取り扱いがあります。

その他には健胃系の胃腸薬も補助的作用がありますので、二日酔いを起こしやすい方は常備しておくことも選択肢のひとつです。

ただし、二日酔い対策のもっとも有効な手段は内服治療より予防です。

空腹時の飲酒を避ける、十分量の水分を並行して摂取する、などを心がけるだけでも二日酔いの程度は改善されますので心に留めておくと良いでしょう。

 



-お酒

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.