ADHDとは・原因と特徴・遺伝するのか・治療方法・何科で診てもらえばいいのか

更新日:





ADHDとは

不注意(集中できない)、多動性(落ち着きがない)、衝動性(突飛的な行動をとる、順番が待てない)、この3つを特徴とした発達障害のことです。

ADHDの原因

現時点でもはっきりとした原因はわかっていませんが、明らかになっているのは、脳には異常がないものの、脳の働きになんらかの影響を及ぼしていると考えられています。

具体的に説明すると、脳の前頭葉という部分には様々な欲に関係するドーパミンというホルモン物質が関係しているのですが、そのドーパミンが不足していることでADHDは起こるものとされています。

前頭葉という部分は物事を考えたり、行動したりする際に重要となる部分であり、前頭葉でホルモン分泌がされていないとADHDの症状に見られる落ち着きのなさや集中力のなさのような症状を引き起こすことになると言われております。

ADHDの特徴

・大人
貧乏ゆすりなどの目的のない動き、思ったことをすぐ口に出してしまう(周りの空気を読むことが苦手)、衝動買いをしてしまう、仕事などでよくケアレスミスをして何度も上司に怒られる、忘れ物や無くしものが多い、時間管理が苦手ため遅刻が多い、順序だてて行うことが苦手で仕事がなかなか人よりも進まないなどがあります。
人間関係や仕事環境などに深刻な影響を与える可能性が高いです。
自分がADHDと気づかないまま自分の失敗に悩んでいたり、周りの人から誤解を受けている方も少なくありません。

・子ども
落ち着いて授業を聞いていられない、質問が終わらないうちに出し抜けで答えてしまう、必要なものをなくしてしまう、忘れ物が多い、興味のあることに集中しすぎてしまい切り替えが難しいなどが挙がります。
ADHDの子どもは、一般的に2~3歳ごろから、落ち着きのなさやかんしゃくを起こしやすいなどで周囲に気づかれるようになります。
学校に通う頃になると、突発的な行動などで周りの子供より浮いた存在になり、学年が進むにつれて勉強の遅れや怒りをあらわにして反抗的な態度を取るなどが見られるようになります
成人になると症状が消失するタイプの経過をたどることもありますが、症状が続くタイプもあります。



ADHDは遺伝するの

単純に親がADHDだからといって、子供にADHDが必ず遺伝するということはありません。

しかしながら、ADHDのある人がいる家系とそうではない家系を比べてみると、ADHDのある人がいる家系の方が発現しやすい傾向にはあるということですが、あくまで確率の問題であって、はっきりとしたことはわかっていません。

成育環境が似ているため、このような傾向になっているのではないかという意見も出ています。

ADHDの治療ってどんなことをするの?

ADHDの治療方法はおもに2種類あります。

1つ目は薬物治療です。

脳内の神経伝達物質やホルモン分泌が不足気味になることから、不足している神経伝達物質やホルモン分泌を増やしたり、促進したりする働きのある薬が主に処方されます。

2つ目は薬を使わない行動療法や心理療法というものです。

行動療法は、問題行動を改善・修正していく療法で、不適当な事をした場合はその都度どうしていけばよいかを教え、正しい行動をしたときは褒めて評価するといった形で、特にADHDの子供に対してはとても有効とされています。

心理療法は、過去の失敗や将来の不安をケアをするものです。

ADHDの方は人間関係や、仕事・学校生活で失敗や挫折を経験している方が多いので、感情面や心理面のケアを行い、今後どうしていけばよいか環境調整しながら、一緒に考えていきます。

ADHDかどうかはどの病院で診てもらえるの?

大人のADHDを診てくれる病院は、心療内科、精神科、精神神経科、メンタルヘルス科です。

念のために大人のADHDに対応しているか医療機関に相談してみてください。

子供のADHDの場合は、上記の医療機関に加えて、小児科や児童精神科でも診てくれます。

どこに受診したらよいかわからない、近くにそういった医療機関がないなどで悩んでいる方は、発達障害支援センターや保健所などで相談すると、専門の医療機関を紹介してくれます。



 



-

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.