知らなきゃ怖い食道がんの原因と症状・検査方法と治療法

更新日:





食道がんの原因や症状、治療方法は様々あります。

そこで食道がんの原因と症状、そして検査方法と治療方法をお伝えします。

食道がんの原因

成因については明らかにされていませんが以下の要因を指摘されています。

・アルコール
・たばこ
・熱い食べ物
・バレット食道(食道の粘膜が胃酸などで荒らされ食道下部の細胞が胃の細胞に変わっていくというイメージ)
・アカラシア(食道と胃の境目の筋肉がうまく働かない状態、食べ物をスムーズに胃に送ることができない)
などが誘因になるとされています。

食道がんの症状






初期症状は、食べ物摂取時のわずかにしみる感じや、前胸部痛であるがこの場合ですと見逃される場合が多いです。

進行すると嚥下障害(飲み込みにくい)や体重が減少する

反回神経にがんが浸潤すると反回神経麻痺や嗄声が見られます。
反回神経麻痺:声帯の運動が阻害され声もれ、蒸せるといったことが起きます。
嗄声:声がかすれる

食道がんの検査

①X線検査

②内視鏡検査・生検
内視鏡で異常を発見した場合、組織片を採取し生検を行う。

食道がんの治療法

①手術療法
食道切除

②内視鏡的治療
内視鏡的粘膜切除術

③化学療法
抗がん剤を点滴します。

④放射線療法

⑤温熱療法
局所を42℃に温めがん細胞を死滅させる方法




 



-
-

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.