秋は太りやすいのか秋太りの原因・対策・解消方法

更新日:





秋は太りやすいの?

医学的な視点から言えば、秋に太りやすくなるというのは万人に共通の事実とは言えないはずです。

ただし、季節性に体重の変化をきたしやすい人というのは確実に存在しており、秋はその代表格とも言えます。

根底にあるのは日照量の低下と、外気温の低下に伴う全身代謝の亢進です。

基礎代謝量というのは、運動量や食事量に関わらず生命維持に必要な消費エネルギーの総量を指しますが夏から次第に気温の低下してくる秋口以降、この基礎代謝が増加してくることが研究から明らかにされています。

基礎代謝が亢進してくると、体は多くのエネルギー摂取を求めるようになり空腹感を感じやすくなります。

ここで大幅な食事量の増加や頻回の間食を行ってしまった場合、結果的に太ってしまい「毎年秋になると太る」という印象を持ちやすいということになります。

秋太りの原因

基礎代謝の亢進による空腹感の自覚、過量の食事摂取が秋太りの背景にあることが考えられます。

加えて、秋以降は日照時間が短くなり気温も低下するため、スポーツの秋とは言いますが春や夏にくらべると運動量が低下していることを自覚する方も少なくないはすです。

摂取したエネルギーは基礎代謝を除けば基本的には身体活動によってしか消費されませんので、極端な運動量の低下は体重の増加につながります。



秋太りの対策方法

まずは普段の食事内容が極端に偏らないようにしておくことが欠かせません。

特に食事ごとの総カロリー量を大雑把にでも計算しながら摂取することは有効です。

これは余分な間食を増やさないようにすることにもつながります。

また食事内容が極端に動物性の脂質を多く含むものになっていないか、あるいは極端に野菜が少なくなっていないかなどを見直しておくことで、太りやすい体質を作り上げてしまうことを予防することができます。

これらの注意点は決して肥満予防だけに終始するものではなく動脈硬化を促進する高LDL血症や、2型糖尿病などの生活習慣に起因する深刻な慢性疾患を予防することにもつながります。

秋太りの解消方法

上述のように食事内容の見直しを行うことは前提にありますが、加えて推奨される秋太りの解消方法はやはり適切な運動です。

1回20分程度の軽いウォーキング程度で十分と考えられていますので、時間を見つけて取り組まれることをおすすめします。

普段の歩行速度よりもやや速く、かつ両手両足を大きく動かすようにすることでより運動効果が高まります。

ランニングは、特に過体重の方にとっては関節障害を生む直接の原因にもなりますので、注意して行うようにしましょう。

実際に既に関節痛を自覚している方や、過度の肥満状態にあり負荷の高い運動に不安のある方には、プールなどでの水中歩行をおすすめします。

関節への強い負担をかけることなく、必要な運動量を確保することができます。

関節周囲の筋肉が鍛えられることで、慢性的に続く関節痛症状の改善を期待することもできます。

適切な食事と運動で秋太りは解消することができますが、やはり普段からの生活習慣に気を配り季節関係なく大きな体重変動のない体作りを目指すことも大切になります。



 



-肥満

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.