生活習慣を見直し食事から貧血の予防改善を行う方法とは

更新日:

生活習慣 貧血




生活習慣の乱れから貧血になる女性が多くおられます。

食事で予防改善していけるので食生活を見直していきましょう。

貧血の症状

貧血とは血液中のヘモグロビンが減少している状態です。

ヘモグロビンはミネラルの一つである鉄から作られています。

ヘモグロビンの働きは酸素を運搬して各組織に運んでいるので貧血になると体全身の酸素が不足になり動悸や息切れ、めまいが起こります。

特に女性は月経などで多くの血を失うので貧血の予防と改善をしていかないといけません。

貧血にも種類があり、貧血の種類から何を摂取すればいいのかわかり、貧血の予防、改善対策が考えられるので貧血の種類を見ていきましょう。

貧血の症状
・顔色が悪い
・唇が青白い
・爪がかけやすい(スプーンネイルと言って爪が反り返っている)
・動悸、息切れ
・疲れやすい
・脱力感
・頭痛
・めまい
・記憶力の低下

これらの症状がある方は食生活を見直してみましょう。

また、無理をせずに病院で診察してみるのがいいですね。

貧血の種類

栄養不足

鉄欠乏性貧血

貧血の多くは体内の鉄不足による鉄欠乏性貧血です。

女性は月経で毎月失われることに加え食事からの鉄分摂取不足が主な原因になります。

鉄が欠乏するとヘモグロビンが作れないので鉄分を多く含んだ食事をとりましょう。

肉や魚は鉄分が多く、特に鶏レバーや豚レバーに多く含まれています。

肉や魚以外にも野菜にも鉄分が含まれています。

野菜や大豆は「非ヘム鉄」といってからだに吸収されにくいのですが動物性たんぱく質やビタミンCと一緒に摂ると吸収が良くなります。

妊娠中の貧血

お腹の赤ちゃんのために大量の血液が必要になります。

鉄分が不足しないよう食生活には気を付けましょう。




・貧血は他にもけがや胃腸からの出血での貧血や悪性貧血と言って赤血球をつくるために必要なビタミン12が不足してなる貧血があります。

貧血を改善させる食事の方法

さきほど貧血になる原因とその解決策として鉄分の含む食品を紹介しました。

実は食材の食べ方でも鉄の吸収をよくする方法があります。

それはよく噛んで食べることです。

よく噛んで食べることで胃酸の分泌がよくなります

胃酸は食品中の鉄やタンパク質など血液の材料になる栄養素を効率よく利用するための大切な役割があります。

よく噛むことは満腹中枢も刺激され、食べ過ぎを防いでくれます。

ですのでダイエットしたい女性にとってもぴったりな食べ方なんです。

よく噛んで食べることはいろんな意味で大切ですね。

貧血の方がしてはいけない食事の方法とは

実は貧血の方でしてはいけない食べ方というものもあります。

食事中や食後のコーヒーや濃いお茶は渋み成分のタンニンが鉄と結合して鉄の吸収を妨げるので控えましょう。

またフィンチ酸(玄米やインゲン)やカゼイン(牛乳やチーズ)も鉄の吸収を妨げるので食事の際は取りすぎに注意しましょう。

運動で貧血を改善

軽い運動はヘモグロビンの合成を促進させますので普段運動しない人はウォーキング程度の運動を心掛けましょう。

 

生活習慣 精神

 

 

貧血になる可能性が高い人

尿酸値 有酸素運動

・成長期の子供
成長する過程で血液が必要になります。

・運動量が多い人
運動量が多く足を床や地面に打ち付けると赤血球からヘモグロビンが遊出し鉄が汗や尿で外に流されていきます。

・無理なダイエットをしている人
体に必要な鉄分やビタミンが摂取できていなく血液が作られていない。

こんな人は貧血かも?

氷をよく食べたり氷を食べたがる人は鉄欠乏性貧血の方に多いです。

もし見かけたり当てはまるなら貧血を疑ってみてもいいですね。

最後に

貧血の方は毎日の食事がとても重要になってきます。

そこで貧血を予防、改善させるためにサプリメントが有効になってきます。

サプリメントは普段の食事で不足しがちな栄養素を補うことができ、手軽に入手できるので、食事に偏りが出たり、補い切れていないと感じるならサプリメントの摂取も有効な手段となります。

まとめ

・食事から貧血を予防、改善させるためには鉄分を含んだ肉や魚を食べるだけでなくビタミン12(肉や牛乳に入っている)も摂りましょう。

・野菜は動物性たんぱく質やビタミンCと一緒に摂ると吸収が良くなります。

・コーヒーや濃いお茶など鉄の吸収を阻害する食べ物の摂取は控えるか食事と一緒に取らないようにしましょう。

・鉄欠乏性貧血の方は氷好きが多い

・普段の食事で補いきれない場合はサプリメントの利用を。




 



-貧血
-, ,

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.