女性恐怖症の特徴・治し方・チェックする方法

更新日:





女性恐怖症の特徴

女性と接するのが怖かったり、緊張したり、思うように動けなくなります。

具体例を挙げてみます。
・ 女性と一対一で話すことに緊張します。女性と目を合わせることができず、緊張で目の前がちらちらしたり、頭が真っ白になります。しかし、グループでいる時は平気だったりします。
・ 女性を前にすると冷静になれず、ドキドキして顔が真っ赤になり言葉がうまく出なくなります。
・ 女性が自分のことを見ていると感じる。自分を何か変なことをしている、変なヤツと思っている、と思ってしまう。
・女性を前にすると動くことができず、挙動不審になり、苦手意識から避けてしまう。
などがあります。

女性恐怖症は、男性にも女性にも起こりうる恐怖症です。

女性恐怖症の治し方

女性恐怖症は心の問題によるものがほとんどと言われています。

主に女性に関するトラウマが原因であることが多いです。

いじめられた経験がある、孤立したトラウマがある、性的ないやがらせを受けた、裏切られた、自分の身体的コンプレックスを指摘された、姉妹と比べられて劣等感しかない、などです。

まずはイメージトレーニングを行います。

女性を話している自分をリアルに想像します。

そして、少しづつ話をすることから始めます。

たくさん話す必要はありません。

自分の得意分野を話してみて、会話に自信を持つことも一つの方法です。

その他には、カウンセラーや精神科・心療内科に相談し心理療法を探ることもあります。

また、内服薬を併用する主治医もいます。

女性恐怖症かチェックする方法

対人恐怖症や、あがり症、社会不安障害と共通している点が多いかと思います。

上記の「女性恐怖症の特徴」にどれだけ当てはまるかをチェックして、カウンセラーや精神科・心療内科に相談してみましょう。



 



-精神

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.