老眼とは・症状・改善方法・チェック方法・レーシックの手術費用

更新日:





老眼とは

老眼とは、加齢による老化現象です。

30代後半から徐々に始まり、40代半ば頃ぐらいになるとほとんどの人が老眼の症状が見られます。

原因は、水晶体の調節力の低下によってピントを合わせるのが難しくなるからです。
医学用語では『老視』といいます。

老眼の症状を感じるには、個人差があります。

老眼の症状

老眼は誰にでも起こりうる老化現象です。

初期の時には気がつかない人も多く、徐々に老眼の症状が進み気がつくことが多いです。

人によって症状の現れ方が違います。
・本や新聞の小さい文字の文章を読むときに、近くで見るとぼやけて見にくく、ある程度離した方が見やすい。
・眼精疲労がある。
・頭痛がある。ひどい時には嘔気もある。
・肩凝りがある。
・見ているものが霞んで見えて、薄暗いところで見えなくなる。
・物を見るときに、なかなかピントが合わない。針仕事の際に、針に糸が通せなくなる。

老眼の改善方法

眼の疲労や緊張をほぐして、血行を良くするための運動です。

仕事中やスマホを見ている時など、眼が疲れたときに試してみてください。

運動をすることで眼がスッキリし、物が見えやすくなります。

・眼球を左右上下、ぐるっと一周など、眼球だけを動かして運動する。このときに顔は動かさないで眼球のみを動かすよ
うにする。
・遠近トレーニングといって、遠くに置いたものを凝視した後で、その後近くのものを凝視する。これを数回繰り返す。
・外に出たときになるべく遠くの景色を見るようにする。
・眼をぎゅっと閉じたり開いたりを数回繰り返す。

眼の運動以外にも、眼が疲れたらホットパックで温めるなどすると血行が良くなりリラックスできます。



老眼のチェック方法

老眼を自分自身でチェックする方法があります。

まずは手に本や新聞を持ち、手をどんどん離していきます。

自分の1番見やすい場所(焦点があうところ)を見つけます。

この時に手が自分のところから、30センチ以上離れていると老眼の可能性があります。

眼科で正しい検査をしてもらい、自分に合った老眼鏡を作る方が良いでしょう。

老眼鏡を一度使用してしまうと、老眼が進みやすくなってしまうと心配をしてかけない方がいますが、どちらにしても65歳くらいまでは誰でも老眼は進みます。

眼精疲労や頭痛を起こさないためにも老眼鏡は使用した方が良いでしょう。

老眼鏡を使用するのがどうしても嫌だという方は、遠近両用のコンタクトレンズの選択肢もあります。

<近視の人は老眼になりにくいの?>
老眼は誰にでも起こりうる老化現象です。個人差はもちろんありますが、近視の人でも同じように老眼になります。
近視の人は、遠くが見えにくくて近くのものが見えやすいです。
もとから近くを見るときに焦点を合わせやすい傾向があるので、老眼があっても気がつきにくいのかもしれません。

老眼レーシックの手術費用

近年老眼治療として、老眼レーシックというものがあります。

老眼レーシックは保険適応外なので、診察や検査、手術、投薬などすべてが保険適応外です。

施設によって金額も違います。

老眼レーシックを検討するのであれば、事前に施設に金額を確認した方がよいでしょう。

老眼レーシックの種類にもよりますが、おおよそ両眼で30万から45万ほどかかるでしょう。



 



-

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.