虐待とは・原因・種類

更新日:





虐待とは

虐待とは保護者が子供に対して、過剰な暴力や体罰を振るって身体を傷つけたり、性的暴行、必要な世話をしない、無視をしたり暴言を吐いたりする行為です。

そして、虐待の種類には4種類あります。
・身体的虐待
・性的虐待
・心理的虐待
・ネグレクト
があります。

虐待は子供の身体や精神の発達、人格形成に大きく影響を及ぼします。

虐待の原因

保護者が子供に対して虐待をしてしまう原因は様々な要因が関わっています。

<保護者の要因>
・世代間連鎖といって、保護者自身が子供の頃に親から虐待をされていた
・親の育児ノイローゼ、うつ病、アルコールや薬物の中毒が原因で、必要な育児が出来ない状態にある
・生活が貧困していて、経済的な不安やストレスがある
・周囲に育児を共に手伝ってくれる人がいない。育児に対しての知識が乏しい

<子供の要因>
・先天性の障害や病気がある
・なかなか泣き止まない、癇癪が強いなど



虐待の種類

・身体的虐待
保護者が子供に対して暴力を振るい殴り蹴って打撲や骨折をさせる、
タバコやアイロンで火傷を負わせる、冬の寒い時期に外や暖房がない部屋に長時間放置する、首を締めて失神させる、風呂で溺れさせる、熱湯を浴びせる、身体を揺さぶる、などがあります。
身体的虐待はあざや傷で周囲からわかりやすく、学校や保育園などで発見されることが多いです。
しかし、子供や親に確認しても「昨日階段から落ちた。」「学校の帰りに道で転んだ。」「しつけの一環で行った。」と言われることが多いです。
しかも周囲から発見されないように、顔以外を殴る蹴るようにしてあざや傷が気がつかれないようにしている事もあります。
学校や保育園で、定期的に身体的虐待がないかどうかを確認することが重要です。
教師や保育士は、子供の身体に不自然なアザはないか、攻撃的な言動はないか、表情はどうかなど、周囲が子供の変化に気がつくことが早期発見につながりま
す。
虐待の疑いがある場合は、速やかに専門施設への連絡をする必要があります。

・性的虐待
保護者が子供に対して性的暴行をする、子供に性行為をしているところを見せる、自分の性器を見せたり触らせるなどがあります。
身体的虐待とは違いわかりにくく周囲が気がつかないことが多いです。
子供からの告白ではじめて発覚するといったケースが多いです。
性的虐待を受けている子供は、年齢によりますが自分が性的虐待を受けているということを認識できない事もあります。
そのために発見が遅れてしまったり、「誰かに話したらお前も警察に捕まる。」「家族で暮らせなくなる。」と脅されて口封じをする場合もあります。
周囲は、子供が年齢にそぐわないような性的発言をしたら要注意です。
気をつけて観察しましょう。

・心理的虐待
保護者が子供に対して暴言や脅し、無視や人格を否定するような言葉を使うことを言います。
例えば、「お前は駄目な人間だ。」「産むんじゃなかった。」「居なくなってほしい。」「嫌い。」と言う言葉を日常的に子供に対して言い、子供の心を傷つけます。
そのほか兄弟といつも比べて差別をしたり、保護者が子供の前で大声で夫婦喧嘩をしたり暴力(DV)を振るったりするのを子供に見せるのも心理的虐待になります。
心理的虐待は、子供の精神面の発達や人格形成に大きく影響します。

・ネグレクト
保護者が子供に対して食事を与えない(回数や量を制限する)、病気になっても医療機関を受診させない、衣服を清潔なものに取り替えない、風呂に入れない、学校に行かせない、泣いても放置する、オムツを交換しない、車や家の中に長時間閉じ込めるなど保護者として必要な世話をしないことを言います。
ネグレクトで、子供を長時間車に放置したり、病気になっても必要な治療をしないと命に関わる危険性もあります。
周囲がネグレクトに気がついたら早目に対処しましょう。

<代理によるミュンヒハウゼン症候群>
これも虐待の一つです。
保護者がわざと子供を病気にして、周囲から関心を持ってもらおうとする行為です。
入院を必要とするような状態にして、保護者が献身的に病気の子供を看病する姿を周囲に見てもらい『頑張っている良いお母さん』と褒めてほしくて、意図的に子供の病気を重くしたりします。
行為が続くと子供の命に関わることがあります。



 



-小児, 精神

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.