手術室看護の魅力やしんどいところ・向いてる人・向いていない人

更新日:





手術室看護の魅力

・素晴らしいチーム医療
ひとりの患者のためにどれだけの人がその手術にかかわると思いますか?
主治医・麻酔科医・看護師だけでしょうか?
手術をするためには医師・看護師はもちろん各種検査のコメディカル、中央材料室(器材の滅菌などを行う)スタッフ、医材を扱う業者やメーカー等々あげるときりがない程のスタッフが一人の患者の手術に携わります。
どの職種も絶対ミスは許されないのです。
多くの医療者をまとめ、調整するのは手術室看護師の重大な役割です。
業者の器械の搬入が遅れればそれまで手術はできませんし、滅菌方法を間違えばその機材が使えない場合もあります。
検体の取り扱いを間違えば患者の人生をも左右してしまいます。
手術室ではちょっとしたミスが患者の命に直結します。
その緊張感はものすごいです。
しかし、その分チームで無事に手術を終えることができた時の達成感は素晴らしいです。

>>看護師転職サイト『ナースJJ』はこちら

・まさに専門性の極み!
病棟や外来看護との違いは、手術機械、手術室特有の手術機材、医療機器、術式、手術の進行状況、正常な術野、医師の癖や器材の好みまでも熟知し、あらゆる状況を予測し、それに備え対応しなくてはなりません。
手術室看護師の技量で手術の質や術後の状態は多少なりとも変わります。
手術室看護師は大きく分けて器械だし看護師と外回り看護師があります。
器械だし看護師はドラマなどで「メス!」っと言われて手渡しているあの看護師ですが、「術式を熟知し、手術の状況を予測し、執刀医が術野から目を逸らすことなく執刀医が今必要な器材を必要な時に使いやすい状態で手渡す」これができる看護師だと医師も手術により集中できますし手術時間の短縮にも繋がります。
外回り看護師は術前・術後の患者とコミュニケーションをとって心身ともに安全・安楽に手術を受けて頂けるように調整します。
手術の流れを把握した上で患者のケアを行うために器械だし看護師以上に知識・経験が必要です。

・スキルアップ
あらゆる診療科の手術があるので手術室看護師は幅広い知識(解剖整理・手術機材・器械の扱い・麻酔に対する知識)が身に付きます。
病棟では経験する機会が少ないのでどの部署に行ってもこのスキルは重宝します。

・基本は…土日休み、ほぼ定時退社。
ライフワークバランスがとりやすいのは大きなメリットですね。
子育てされている方にはとっても嬉しいですね。



手術室看護のしんどいところ

・待機業務(呼び出し)
私が勤務していた病院は緊急手術が多いのですが、夜勤はなく待機制度を導入している病院でした。
待機担当であれば休みの日でも、昼夜問わず呼び出しがありますし、一刻を争うので呼び出しがあればなにがなんでも30分以内に駆け付けなくてはなりません。
自宅も病院から30分圏内、休みの日でも待機担当であれば病院から30分圏内で行動です。
病院の体制によりますので、入職前に確認されるほうがいいですね。



↓あなたの希望の科を紹介してくれます↓


 



-看護師体験談

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.