看護師必見・小児科クリニックの魅力や辛さ・向いてる人向いてない人

更新日:





小児科クリニックの良いところ

小児科は診療科目を絞らずに診察するため、幅広い知識、技術を学ぶことができます。

また新生児期から思春期までと年齢も様々で、風邪などの感染症はもちろんのこと、育児をしている中で疑問に思ったことなどでも受診されるため、成人に比べ受診される回数が多いのが特徴です。

長年かかりつけ医として通われるお子さんも多いので、ご家族ともコミュニケーションをとることが多く、お子さんの成長をご家族と一緒に感じることができる科だと思います。

普段は元気いっぱいなお子さんも体調不良の時にはぐったりとした表情になりますが、回復期にはだんだん笑顔になっていく様子も見られ、その笑顔をみると嬉しさが募ると共にやりがいを感じることができます。
>>看護師転職サイト『ナースJJ』はこちら

小児科クリニックのしんどいところ

小児科クリニックの大変なところはスキル面だと思います。

採血や点滴では、成人のように腕をじっと動かさずにいてくれるお子さんは少ないです。

そんな状況の中、細い血管に的確にいれる技術が求められます。

痛みを伴う処置は一回で終わることを最優先に考え、できる限りの工夫をしていますが、それでも一回で終了できなかったということもあります。

大きな病院に比べ、クリニックでは看護師の人数も少なく、ご家族にお子さんが動かないよう抑えていただくことも多々あります。

処置をする状況をご家族が見られることで、お子さんがかわいそうになって時には検査を拒否されることもあります。

ですがご家族の協力が不可欠なので、小児科ではご家族の理解を得る難しさがあると共に、失敗できないというプレッシャーをより強く感じて大変に思うこともたくさんありました。

小児科クリニックに向いている人

小児科に向いている人は、やはり子供が好きな人だと思います。

処置や診察の時にはしっかりと体を抑えることも必要なので、お子さんに叩かれたり蹴られたりすることもあります。

クリニックに入っただけで、ずっと泣いていたり、走りまわったり、中には逃げ出したりする子もいます。

大変なこともありますが、子供好きだからこそ乗り越えられるという面もあると思うので子供が好きというのは大切だと思います。

また、小児科では急変するのが早かったり、症状も自分の言葉では伝えられないお子さんも多いので、状態の観察が重要になります。

観察の得意な人は小児科に向いていると思います。

小児科クリニックに向いていない人

向いていない人というのは基本的にはいないと思います。

小児科はよく混雑しますので、テキパキ仕事をこなせるような人はもちろん向いていますし、最近では不登校や心身症のお子さんもとても多くなっていますのでご家族やお子さんに寄り添って傾聴できるような人も向いています。

あえて言うならば、子供が好きすぎて処置や診察が、かわいそうで見ていられないという人は向いていないかもしれません。



↓あなたの希望の科を紹介してくれます↓


 



-看護師体験談

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.