看護師必見・泌尿器科の魅力や辛さ・向いてる人向いてない人

更新日:




泌尿器科で働く魅力

・専門的な検査や処置、介助をたくさん経験できるところ。
泌尿器科の検査や処置は、他の科目では経験できないことがたくさんあります。
例えば、、
①膀胱鏡検査(チスト)
②前立腺生検(P生検)
③静脈性腎盂造影検査(DIP)
④尿道造影検査(UVG)膀胱造影検査(CG)
処置では、膀胱留置カテーテル交換の他に、腎盂カテーテル交換や尿道ブジー、陰嚢穿刺などがあります。
ほとんどは医師が行うので、看護師の役割は物品の準備と介助です。
医師が次に何を必要としているかを考えながら介助します。
はじめは戸惑いますが、だんだん動きが素早くなってきます。
たくさん覚えることや学ぶことがあるので、勉強が好きな看護師には魅力的な職場です。

・採血や点滴、注射がほかの科目にくらべると件数が少ない。
「注射の手技がちょっと苦手、、」
「ブランクがあるので、注射の少ないところで働きたい」
と言う看護師には、泌尿器科はおススメです。
とても働きやすい環境だと思います。(ただ、ほかの科目に転職した時は大変になるかもしれません)

・季節で流行するような病気がないので、忙しさがない。
比較的ゆったり働けます。
そのせいか医師やスタッフ同士はみんな仲が良いです。
ギスギスするような人間関係はありません。
流行の感染するような病気がないので、自分がうつり体調不良になることもありません。
有給もとりやすかったです。
>>看護師転職サイト『ナースJJ』はこちら

泌尿器科のしんどいところ

・尿のにおいがしんどい。
慣れてしまえば大丈夫なのですが、検査のための尿採取やカテーテル交換をしている時、検査や処置後に器具を洗っている時、尿漏れの患者が来院されたときなど、においが辛いです。
マスクをしていても、しんどかったです。
膿が出でいたり、出血していればますますにおいはキツく感じます。

・患者の移乗がしんどい。
泌尿器科の患者は御年配の方が多く、身体の動きが悪かったり、自分では動けず車椅子で来る方もいます。
診察でベットに移る時には、看護師が介助しなければなりません。
介助時に腰を痛めて辛かったことがあります。




泌尿器科に向いてる人

泌尿器科に来る患者は、皆さんよく言う言葉があります。

「みられるのが恥ずかしい、、」

泌尿器科では患者のプライバシーに配慮する必要があります。

そのため患者の気持ちを汲み取り、診察、検査、処置のときにカーテンやタオルで患者さんのプライバシーに配慮出来るような心遣いを持った人が向いていると思います。

他には、勉強好きな人が向いています。

専門の検査や処置が多いので、勤務外で勉強会に参加することもありました。

向上心がある人は楽しく働けると思います。

泌尿器科に向いてない人

看護師は検査や処置に合間に、患者の気持ちをリラックスさせるため良くを会話をします。

なので人見知りや、コミュニケーションが不得意な人は向いていないかもしれません。

患者は検査や処置前は緊張して不安になるものです。

あまり緊張しすぎると途中で具合が悪くなったり、協力が得られなくてスムーズにいかないこともあります。

泌尿器科ではコミュニケーションをとったり、声がけをすることは看護師の重要な役割といえます。




↓あなたの希望の科を紹介してくれます↓


 



-看護師体験談

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.