看護師必見・救急外来の魅力や辛さ・向いてる人向いてない人

更新日:





救急外来で働く魅力

病院の中で唯一、病名が分からない患者の看護ができる場所です。

初期アセスメントをするためには勉強をすることはもちろんですが、経験しているうちにできるようになり、医師の指示よりも前に先を考え行動する力がつきます。

そうすることで、患者に迅速で安全な治療が提供でき、また自分のアセスメント力が目に見えて分かるため、自分の成長が分かり嬉しさを感じることができます。

また、CPAなどの救急患者への対応にも強くなります。

初めてCPAを経験した時には、研修で受けた救急対応を思い出しながら行動していたので全く周りのペースについていけませんでした。

病棟で急変を経験することはあまりないので、たまに急変が起こると思うように行動できないという経験がある看護師もいるかと思いますが(私もその1人でした)、CPA時の対応も知識、技術共に身に付き、例え今後一般病棟で勤務することになってもその力は強い味方になると思います。

また看護師として救急外来を経験することで、全ての診療科、様々な症状、いろいろな検査や処置などに関わることができ、看護師のスキルを磨けることが魅力です。

さらに、病院にもよりますが救急外来は常に混雑しているわけではないので(もちろん急患が続くこともあります)、急患が少ないときはゆっくりと雑務など行う時間もあり、勤務中に雑務を行うことができない一般外来と比べてそこも魅力の1つです。
>>看護師転職サイト『ナースJJ』はこちら

救急外来のしんどいところ

救急外来は一般病棟と違い、毎日ほとんどの患者が初診となります。

そのため、救急外来が混雑しているときは特に患者の顔と名前、どんな症状で来たのかを確認しておくことが大切です。

また患者の人数が多い時は、常に救急外来全体の把握をするということが難しく、混乱することがあります。

その日1日が混雑するか落ち着いているかは予想もできないため、看護師の休憩時間や仕事の終了時間など、行動のスケジュールが立てにくいことが多いです。

救急外来に慣れないうちは、初めて経験することが多くどう対応していいのか分からないため「看護師なのに何も分からない」と落ち込んでしまうこともありますが、それは経験を積めば解決します。

救急外来に向いている人

救急に興味のある人、小児や成人、全ての診療科、様々な検査や処置など幅広く経験したい方。

おどおどせずに優先順位を考え行動でき、決断力のある人。

またはそのような看護師になりたいと思っている人が向いていると思います。

救急外来に向いていない人

救急外来でも患者様とのコミュニケーションはとても大切ですが、慢性期病棟のように、一人一人の患者とゆっくり関わりたいという人には不向きなこともあります。



↓あなたの希望の科を紹介してくれます↓


 



-看護師体験談

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.