ギャンブル依存症の原因と病院・もし放置していると…

更新日:





ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存症とは、”心身機能の障害や苦痛を引き起こし、社会的、経済的、人間関係に深刻な問題が起こるにも関わらず、賭博行動が持続的かつ繰り返し行われる状態”を指します。

・診断について
日本ではギャンブル依存症の定義や診断基準は明確に定められておらず、診断名も統一されていません。
WHOが定める国際疾病分類(ICD-10)では”病的賭博”とされています。
国が依存症全国拠点機関病院に指定している独立行政法人国立病院機構久里浜医療センターでは診断基準にアメリカ精神医学会の精神疾患の分類と診断の手引き(DSM-V)が利用されています。
12ヶ月以内の問題行動を4つ以上確認し、かつその行動が他の精神疾患によらないものかを確認します。
また、SOGS(サウスオークス・ギャンブリング・スクリーン)と言うアメリカのサウスオークス財団というギャンブル依存症治療機関で開発された質問票も、多くの病院で診断のために利用されています。

ギャンブル依存症になる原因

ギャンブル依存症になる原因はまだ明らかにされていませんが、幾つか依存症へと陥るリスクを高めることが指摘されている要因があります。

また、性格的に”はまりやすい”人はリスクが高いとされます。

・子供の頃や青年期にギャンブル体験があった
・家族や友人がギャンブルが原因で問題を起こしたことがある
・女性
・賭け事をした時に大きな儲け、勝ちを得たことがある
・人間関係など何らかしらの悩みや問題を抱えている
・躁鬱病(そううつ病)など精神疾患がある
・パチンコ、麻雀、競馬、競艇、スロットなどに簡単に行ける

ギャンブル依存症はどこの病院に行けばいい?

ギャンブル依存症は病気との境目を明確にすることが非常に難しいと言われています。

治療も専門家のもと適切に行うことが、再発防止や家族支援(自助グループ)にもつながるため依存症を専門に扱う病院を受診するのが良いでしょう。
国が定める全国拠点病院のほか、クリニックなどでも専門外来がある病院もあります。

保健所や精神保健福祉センターで医療機関に関する情報提供を受けることができ、家族からの相談も受け付けてくれます。



ギャンブル依存症の治療方法

ギャンブル依存症は、賭けの結果が良くても悪くても、賭けることへの衝動が強まり、経済的、家族関係、人間関係が崩壊しても続けられます。

治療は、ギャンブルに対する認識や行動の原因となる思考を明確にし、歪んだ認知(物事に対する考え方、捉え方)を正していくことが重要です。

面談、診察、カウンセリング、必要な薬物療法などを受けながら、認知療法、行動療法というものを通じて問題行動を修正し、ギャンブルのない生活の維持、再発予防を目指していきます。

・認知療法
思い込み、後ろ向き、~すべき、極端な評価や理由付けなど誤った思考を明らかにし、前向き、肯定的に柔軟性を持った考えかたができるようにしていきます。

・行動療法
問題となっている行動の分析を行い、問題を消去し正しい対処行動を学習していく行動変容(行動を変える)を行っていきます。

・自助グループ
依存症の治療は本人にしかできません。
そのため、同じ立場の人が集まる場に参加することは、ギャンブルのない人生を本人が納得して歩んでいくことを選択するためには最も有効である治療方法であるとさえ言われています。
ギャンブル依存症患者や家族が集まる会を、自助グループと言います。
GA(ギャンブラーズアノニマス)日本インフォメーションセンターやギャマノン日本サービスオフィスなどで情報を得ることができます。
病院でも家族間の情報交換や勉強会などが行われているので、ライバシーは守られるため積極的に参加してみましょう。

ギャンブル依存症を放置していると

・経済的破綻、家族・人間関係の崩壊へと進む
ギャンブルは金銭のやり取りが主であるため、最終的に負けが大きくなり生活が破綻します。
ギャンブル以外の物事(趣味、恋愛、仕事、家族・友人、食事など)に興味がなくなり、ギャンブルに関連することにのみ執着し、ギャンブルをしたい衝動にかられるようになっていきます。

・犯罪、病気へのリスクが高まる
ギャンブルを継続するために重ねる借金や、費用捻出のため犯罪に手を出してしまうということも発生します。
さらにうつ病やアルコール依存など他の精神疾患を合併したり、自殺、乱れた生活による身体的な病気が発症するリスクが高まります。
>>うつ病の詳細はこちら

>>アルコール依存症の詳細はこちら

・賭け事のしか考えられなくなる
ギャンブルをして得られた高揚感や快楽は脳のドーパミンという物質が関与していると言われており、依存症の人ではギャンブルを行うとより多くのドーパミンが放出され快楽を感じてしまいます。
ギャンブル依存が進むとドーパミンへの反応が鈍くなり、その快楽を得ようと満足できるまでやめられない状態になります。
”賭け事の負けは賭け事で”などと理由付けを行い、ギャンブルから抜け出せなくなっていきます。



 



-精神

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.