熱中症の原因と症状、予防対策方法はこちら

更新日:




熱中症の原因

熱中症の原因は気温、湿度が高いことや、日差しが強いこと、またそのような状況下で長時間の活動をすることにより体内の熱がうまく発散できずに脱水を起こす、電解質バランスが崩れること等があげられます。

また子供は不感蒸泄(汗とか体から水分が出ること)が多い割に腎機能が未熟なため体内の水分の喪失を防ぎにくく、高齢者は内臓機能の低下に伴い体内の水分出納を調節しきれなくなるため、熱中症を起こしやすい状態と言えます。

子供と高齢者は体の状態に応じて自らの意思で水分補給を行うことが難しいこともあるので注意が必要です。

気温があまり高くないと油断しがちになりますが、熱中症は気温の高さだけでなく湿度が高いことによっても発症します。

湿度が高いことによって発汗がうまく行えなくなるのがその理由です。

熱中症の症状

・軽症
疲労感、大量の発汗やめまいが始まり症状が進むと唇のしびれやチアノーゼ、筋肉痛やこむら返りなどが起きます。

・重症
軽症の時の症状に加え、頭痛や吐き気、嘔吐を起こすようになり意識障害や痙攣が表れてきます。





(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

治療法

・軽症
軽症であれば涼しい場所に移動し衣類を緩め、充分な水分補給をするだけでも改善がみられます。
体内に籠った熱を外に出す必要があるためアイスノンなどあれば太い血管部分を中心に冷やしていきましょう。
例えば、腋の下や首の周り、鼠径部(足の付け根)を冷やすと効果的です。
また、補給する水分はポカリスエット等のイオン飲料や経口補水液(OS-1)があると、体内での塩分と水分の吸収率が早まりますので症状の改善が期待できます。

・重症
重症の場合には、病院に搬送のうえ氷嚢などで冷却療法を行うとともに点滴にて補液が行われます。
ですが、病院に搬送されるまでの時間もとても重要になります。
いかに早く体温を下げて意識を回復させるかが予後を左右するので、現場での早急なたた対応も必要です。

 

熱中症の予防

熱中症の予防のためには、小まめに水分補給をすることと涼しい環境作りをすることが大切です。

喉が渇いてないと思っていても、適宜水分をとるようにしましょう。

ここで水分補給のポイントですが、汗をかくと体内のミネラルが不足している状態になります。

そこで水しか補給していないと体内の電解バランスの崩れが進んでしまうので、水分補給の際は塩分も含まれているイオン飲料やOS‐1などを選ぶことが大切です。

また涼しい環境作りについては、風通りをよくするように衣類の調整をしたり日傘を使うなど日差しを避ける工夫があります。

それ以外にも運動や仕事など炎天下の中での活動をする時には、無理をせず休憩を挟みながら行うようにしましょう。





(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

 



-熱中症

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.