老年期うつ病の特徴と症状・治療方法・もし放置しているとどうなるのか

更新日:

老年期うつ病




老年期うつ病は本人や周りの方も気づかないことも多いです。

老年期うつ病の特徴や症状をまとめ、さらに老年期うつ病を放置しているとどうなるのかについて説明したいと思います。

老年期うつ病の特徴

脳卒中

老年期うつ病は、65歳以上の老年期の方が発症するうつ病の事を言います。

その老年期うつ病ですが、実は老年期で起こるうつ病は認知症と間違われやすいということをご存知でしょうか。

なぜなら、老年期うつ病の症状が認知症の症状と似ている部分があるからです。

以前と比べて、もの忘れがあったり、ぼっとする時間が増えたり、意欲が低下したりするなどの症状が出現すると、多くの方が認知症を疑います。

認知症になってしまったと思って、物忘れ外来などを受診したけど、実は違ったという事が多いです。

老年期うつ病と認知症の簡単な見分け方としては、進行のスピードの違いです。

認知症の場合、急に症状が発症そして急激に進行するということはありません。

ですので、急に症状が出現したり症状のスピードが早い場合には老年期うつ病を疑ってください。

この他に、老年期うつ病の特徴として男性より女性に多いです。

その理由は、老年期うつの原因によります。

老人性うつは環境的要因と心理的要因が原因です。

環境的要因とは、退職や子供の独立、引越しなどによる居住環境の変化、話をする相手がいない、趣味がないといったことが挙げられます。

また、心理的要因では配偶者やペットの他界、重い病気を発症した、病気による症状に悩まされているといったことが挙げられます。

これらの理由から不安や喪失感が出現し、老年期うつ病を発症するのですが、このような理由に当てはまるのが、男性より女性の方が多いため、女性の方が老年期うつ病を発症しやすいのです。

老年期うつ病の症状

うつ病と聞くと、無気力、喪失感、不眠といった症状を思い浮かべる方が多いかと思います。

ですが、老年期のうつ病の症状はこのような症状以外にも出現します。

老年期うつ病の症状は具体的にどのような症状があげられるのか?をご紹介していきたいと思います。

老年期うつの場合、抑うつ気分のような精神症状が目立たず、他の症状が出現しやすいです。

他の症状とは、耳鳴りや、めまい、食欲不振、手足のしびれ、倦怠感など自律神経症の症状そして、頭痛、腰痛、胃部不快感、イライラするなどの不定愁訴を訴える場合もあります。

医療の知識がない人は、年齢のせいにしたり、認知症を疑う方が多いのですが、実は老年期うつ病という病気が潜んでいる可能性があるのです。

このように、いつもと違ったり、おかしいなと思うのであれば、一度病院を受診する事をお勧めします。




老年期うつ病の治療

老年期うつ病の治療は大きく分けて3種類あります。
環境調整
薬物療法
精神療法
の3種類です。

環境調整では、今の環境を整えてあげます。

環境とは住宅環境であったり、生活リズムであったり、しんどくない程度に人との関わりを持たせるなどの環境を整えます。

誰とも関わらず、自宅に1人でこもってしまうと、老人の場合寝たきりに、なってしまう可能性が高いので注意してください。

次に薬物療法ですが、必要に応じて抗うつ剤を使用します。そして最後に精神療法は、患者本人と関わりを持ちサポートします。

例えば、コミュニケーションをとったり、施設を利用して他人との関わりを持ってもらいます。

老年期うつ病を放置しておくとどのような事が起こってくるのか

心の病に対して理解のできない方は、ほっておけば良くなるのでは?と思う方も中にはいらっしゃると思います。

ですが、老年期うつ病を放っておくと取り返しのつかない事が起こる可能性があります。

それは、命を落とす危険性です。

知らない間に、老年期うつ病を発症し、そのまま放置すると症状は進行し、場合によっては自傷行為を起こす可能性があるのです。

命を落とすまでいかなくても、自宅に引きこもり他人との関わりがなくなれば、すぐに寝たきりとなる可能性が高いです。




 



-精神

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.