肝炎の原因と症状・検査・治療・予防方法・もし放置しておくとどうなるのか

更新日:

肝炎



肝炎は様々な原因でなります。

症状も発熱や痛みなど様々です。

このページでは肝炎になる原因と症状、検査や予防治療方法をご紹介していきます。

肝炎の原因

①ウイルス
肝炎になる原因のほとんどが、ウイルスに感染するものです。
たくさんの種類がありますが、A型肝炎ウイルス(HAV)、B型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)の3つが主なウイルスになります。

・A型肝炎ウイルス(HAV)は貝や生魚に含まれていたり、衛生状態のよくない外国などで汚染された水を飲んだりすることで口から感染します。

・B型肝炎ウイルス(HBV)は輸血、出産、性行為、タトゥーを彫ったりすることで血液から感染します。

・C型肝炎ウイルス(HCV)はB型肝炎ウイルス(HBV)と同じで、血液から感染します。

②アルコール
肝臓にはアルコールを分解するはたらきがありますが、飲みすぎると肝臓に負担がかかり、肝臓の細胞が壊れたり、機能障害が起こったりします。

③脂肪
ほとんど飲酒をしない人でも、肥満や糖尿病などの生活習慣病の影響で、肝臓に脂肪がたまり炎症を起こします。

④薬物
アルコールを分解するのと同じように、薬剤も肝臓で毒性の低いものに変えるはたらきがあります。薬をたくさん飲んだり長期間飲んだりすることで、肝臓の機能が障害されるものを「中毒性」といい、飲んだ量に関係なくアレルギーを起こすものを「特異体質性」といいます。

⑤自己免疫
本来自分の身を守るための免疫が、間違って肝臓を攻撃してしまうものです。中年以降の女性に多く、なぜ間違って肝臓を攻撃するのかは分かっていません。



肝炎の症状

体の中で炎症が起こっている状態なので、風邪に似た症状がみられます。
・発熱
・食欲不振
・全身倦怠感
・吐き気
・腹痛
・下痢
・発疹
・かゆみ
・黄疸(肌や白目が黄色くなる)など

なかには肝炎になっても自覚症状のない人もいます。

肝炎の検査方法

・肝機能検査(採血、超音波、CT、MRIなど)
採血の検査項目ではALT(GPT) 、AST(GOT) 、γ-GTP、HBs抗原、HCV抗体などをみます。
超音波検査はおなかに超音波を当て、肝臓の様子をモニターに映し出します。
CTはエックス線を使って肝臓の断面を撮影します。
MRIは強い磁場と電波を使って肝臓の断面を撮影します。

・肝シンチグラム
組織に取り込まれる特定の物質を画像化することで、機能や病気の活動性などが分かります。

・肝生検
肝臓の細胞を少しだけとって、顕微鏡で病気の進行具合を観察をします。

肝炎の予防方法

・A型肝炎は口からの感染が原因なので、手洗いうがいや飲食物の加熱処理が大事です。

・B型肝炎とC型肝炎は血液による感染が原因なので、血液や体液のついたものに触らないようにしましょう。

・B型肝炎には母子感染を防ぐために子どもに予防接種を受けさせる方法があります。

・アルコール性肝炎は肝臓に負担がかからないように禁酒や節酒が必要です。

・非アルコール性脂肪肝炎は生活習慣病を予防することが大事なので、食事や運動など普段の生活を見直してみましょう。

・薬剤性肝炎は飲むべき薬の用法容量をきちんと守って飲むようにしましょう。体の異変を感じたら、すぐ医師や薬剤師に相談をします。

肝炎の治療方法

肝炎

・A型肝炎は症状に応じた治療のみで、特別な治療は行いません。

・B型急性肝炎、C型肝炎にはインターフェロン療法や抗ウイルス療法を行います。

・アルコール性肝炎は禁酒が原則で、食事療法やステロイド剤の投与などを行います。

・非アルコール性脂肪肝炎は高血圧や高脂血症、糖尿病などの生活習慣病の改善を行います。

・薬物性肝炎は薬剤の中止することで、症状が回復します。

・自己免疫性肝炎はステロイド剤の投与を行います。

肝炎を放置しておくとどのような障害が起こってくるのか

肝臓の細胞は炎症と再生を繰り返していくうちに、「肝炎」から「肝硬変」に進行します。
>>肝硬変の詳細はこちら

肝硬変になると肝臓への血液の流れが悪くなり、意識障害を起こす「肝性脳症」や、血管の液だまりのこぶができる「食道胃静脈瘤」の原因となります。

さらに肝硬変を放置すると「肝臓がん」へと進展し、しだいに治療が困難になり命を落とす危険性が高くなります。




 



-肝臓

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.