知らなきゃ怖い胃がんの原因とその症状そして治療方法

更新日:






胃がんの原因や症状、治療方法は様々あります。

そこで胃がんの原因と症状、そして検査方法と治療方法をお伝えします。

胃がんの原因

成因については明らかにされていませんが以下の要因を指摘されています。

・食生活(高塩分食、各種ビタミン、不規則な食事など)
・化学物質(喫煙など)
・ヘリコバクターピロリ菌
・遺伝的要因
・地域、職業
などの関連が示唆されています。




胃がんの症状

初期は無症状の事が多いです。

初発の症状として心窩部痛(みぞおちが痛い)や腹満感、胸やけ、悪心(吐き気)、食欲不振などが生じます。

痛みは食事と無関係な鈍痛が多い

潰瘍ができることが多く潰瘍・びらんにより心窩部痛や悪心が生じます。

また噴門と言われる胃の上部でがんが発生すると食べ物の通貨障害により呑み込みが困難になったりつかえ感や胸やけの症状が現れます。

胃がんの検査

①胃X線検査(バリウム造影検査)
造影剤と発泡剤を使用して上部消化管内膜の状況を知る検査。

②内視鏡検査・生検
内視鏡で異常を発見した場合、組織片を採取し生検を行う。
>>胃カメラの詳細はこちら

③腹部超音波検査・CT・超音波内視鏡
肺や肝臓、脳などのがんの転移リンパや隣接臓器へに浸潤の有無や程度を検査する。

④血液検査・便鮮血反応
血液検査から腫瘍マーカーであるCEAやCA19-9などを検査する。

便潜血反応はがんの浸潤による消化管の出血の有無を見る。

>>大腸がんはこちらを参考にしてください




胃がんの治療法

①手術療法
腫瘍を切り取ります。

②内視鏡的粘膜切除術
リンパ節転移がない粘膜内がんが適応。

③化学療法
抗がん剤を点滴します。

がん検査キット

検査キットは自宅でカンタンに匿名で受けることができます。
GME医学検査研究所は性病・がん検査キットを取り扱っています。
詳しくはホームページをご覧ください。

↓がん検査キットはこちら↓

 



-
-

Copyright© 生活習慣.net せいかつしゅうかんどっとねっと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.