知らなきゃ怖い肺がんの原因と症状・検査・治療方法

更新日:

肺がんは気管・気管支、細気管支・肺胞、肺組織に発生した悪性腫瘍の総称です。

肺がんの原因と症状、そして検査方法と治療方法をお伝えします。




肺がんの原因

癌の発生の多くは発がん物質による細胞の遺伝子損傷だと考えられています。

その主な原因として考えられているのは
・タバコの煙
・重金属
・放射性物質
・大気汚染
等があります。

肺がんの症状

①咳・痰・血痰
発生初期から神経を継続的に刺激するため咳を生じたり気管支粘膜線から粘液を盛んに分泌させるので痰の量を増加させます。

②呼吸困難・喘鳴
気管支の内側に腫瘍があると空気の通り道が狭くなり息苦しくなり喘鳴(ぜーぜー、はーはー)する。

③無気肺・肺炎
気管支の内側に腫瘍がありそのために痰が出せない状態であると細菌感染を起こしやすくなっていく。
感染は肺炎の原因になり発熱や胸痛などの症状を引き起こします。

④胸痛・胸水貯留
胸膜側へ浸潤した場合は胸膜炎から胸水の貯留や我慢できない鈍い痛みが見られるようになる。

⑤バンコースト症候群
腫瘍の増大にで神経を圧迫することがあり肩や上肢に激しい疼痛が見られます。

⑥嗄声・誤嚥
縦隔リンパ節への浸潤により反回神経を冒されると出てきます。

⑦上大静脈症候群
がんが成長し上大静脈や腕頭静脈を圧迫・閉塞すると、顔面、上肢の腫脹や胸壁静脈の怒張などが認められる。

⑧嚥下困難・頻脈・不整脈・うっ血性心不全
腫脹や転移性リンパ節による食道と心臓への圧迫

⑨内分泌・代謝異常
ホルモン酵素を異常分泌し内分泌、代謝異常を起こす。

⑩微熱・食欲不振・倦怠感・体重減少
癌の発生に伴う微熱により食欲不振、倦怠感や疲れやすいといった症状が現れる。
また発熱が基礎代謝を亢進させ体重減少をもたらす。

肺がんの検査方法

①喀痰検査・腫瘍マーカー検査
起床時に鼻汁や唾液を含まないよう気管支から出された痰を3日間採取。

②胸部X線検査・CT検査

③縦隔鏡・胸腔鏡検査

④気管支鏡検査

⑤生検
組織をとり検査する。

⑥肺動脈造影
造影剤を体に注入し肺動脈を造影




肺がんの治療法

①手術療法
腫瘍を切り取ります。

②化学療法
抗がん剤を点滴します。

③放射線療法
放射線をがん細胞に当てる




追記:
がん検査キットなんてあるんだね~
自分で自宅でできて郵送するだけで感染症・生活習慣病・がん検査・アレルギー検査ができるんだって
何でもあるんだね~

↓がん検査キットはこちら↓


 



-
-

Copyright© 生活習慣を改善すれば健康寿命を延ばすことができる! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.